Mar 11, 2014

あること




100%理解してくれなくても(もともと100%の理解は求めてはない)、私のことを分かってくれている人がいて、私はとてもびっくりしている。わたしのことを見てくれている人がいる。ダメなところも良いところも言ってくれる。とても嬉しい。みんなはきっといつでもそこにいて、いつでもウェルカムだったのに、私がそれに気づかなかっただけで、それは私が不安定だったからなんだと思った。私が横須賀を離れて、東京で暮らし始めてから1年の間にそんな人達にたくさん出会えた。


今まで生きてきた人生の中で私はやっと、人間と一緒に生きている気がする。誰かと生きている。今まで、1人ではなかったし、孤独でもなかったし、幸せだったけれど、今までが、まるで1人で生きてきたかのような気がするくらい。誰かと生きるのは、とても面倒臭くて楽しくてイライラして幸せなのだ。今までは、幸せだった。ただ、1人で生きていた、幸せに、自分の世界だけで誰にも邪魔はさせなかったし、自分を大切にして守っていた。だから今、人間と生きていて、とても大変なんだってこんなに、人間と付き合って行くというのは面倒くさいものなんだと、思う。


ともみは、人と感じ方が違うから。と言われても私は、全然意味が分からないし、うーん、少しだけなんとなく意味は分かるかもしれないけど、だから私、どうしたらいいの?

違うといわれても嬉しくないし、多分、同じといわれても嬉しくない。

感覚に正しいも間違いも同じも違うも何もないのだ。そのままでいい。全部そのままでいい。悲しいのに、正しいも、間違いもない。嬉しいのに正しいも、間違いもない。何があってどんな状況だって、幸せだって言えば、それは幸せなのだ。


綺麗事を並べている気分。ついでにもっと言っちゃえば、世界が平和になったらいいのに。





私は知らないうちに人を傷つけてるかもしれないけど、私が傷ついてるのをあなたは全然知らないでしょう?

人間はそういうものでしょう?世界ってそういうものでしょう?
どれだけ言葉という言葉を知り尽くして集めて並べたって、その人にそのつもりはなくても、言葉はナイフにもなりえる。見えないナイフ。刺しているのを知らないの。みんなみんな、殺人鬼。
どうしたらいいの。

言葉がなかったらよかったのかも。
自分が感じたままをそのまま感じられる機械ができたらいいのに。
ああ、でもな、やっぱりそんな機械いらないや。


大変だ。






自転車に乗って、どこかヨーロッパの匂いのする石畳を走って、また、パパに会った。
おやすみ。







Feb 8, 2014

feel feeling



信じる、とか信じないだ、とかくだらない。
事実か事実でないかも、くだらない。
そ、う、在るだけなんだよ。
その感覚は、いつのまにか覚えてた。感じて覚えるで感覚でしょ。
その通りよ、脳みそだけで考えたって分からないことなんて多すぎるから。

例えばよくわからない結末の映画も、小説も、何のメッセージがあったのかなんでもなかったのか、そんな「理解すること」を考えるのではなくてその、映像とか文字から感じる、匂いとか色とか、ちょうど体の真ん中がどんな風に揺れているのかとか、それを楽しむものだと私は思うのだけど、それってそこに限らずに、生きてくなかで必要なんじゃないかな。フランス映画を理解できなくとも、ああフランス映画ねえ、好きな人いるよね、観るよたまに。くらいの人とじゃないと深くは関わっていけない気がしちゃうわ。


たまに、何も考えてない子だって思われる、神経の図太いハッピー野郎だって思われたりする。それは私がとろくてぼけーっとしているせいだからなのかなんなのか私は分からないけれど、なんかちょっと嫌だなと思うと同時にそう思われていた方が気が楽だと思ったりする。大抵いつも、ぼけーっとしてる割に脳みそは高速回転していたりもする。脳みそのオンオフの切り替え具合、体のとろさ(突発的な行動力だけはある)と、心の過敏さにギャップがありすぎて困るくらい。私の人生の課題だよね。まあ、本当に何も考えてない時もあるんだけれどね。


ここまでは、少し前に書いて下書きに保存しておいた記事なのだけれど、どうも思って書き留めたことはすぐに更新しなければね、とつくづく思うのでした。(ここでも私はとろいのだ) その度いつも思うんだけど、私ったら、学習しない子なのね。
少し前に、Twitterのフォローを整理したら、なんて快適なのって、私の欲しい情報が自然に入ってくるようになったわけね。瞬間に落ちる言葉をTwitterに、instagramで写真を、ブログで文字をってきっぱりわけようかしらね。そうしようかしら、と、思っているというより、もうほとんど今そんな感じよね。



ここ最近の私といえば、木曜日にどうも体の様子がおかしく、病院に行った所インフルエンザとのこと。あら、まあ!月曜いっぱいまで自宅で安静にしてなさいと言われ、じっとすることが大嫌いな私はもじもじしながらやたら洗濯機をまわしたりしているのです。だいぶ調子は良くなってきました、ご心配なさらずに。木曜日の夜なんて死んじゃうかと思ったけれどね!最後に計った時は39.4だったかな、あったかい布団を何枚も重ねてるっていうのに寒気でがくがくしちゃって、眠りについてもうなされて3時間ごとに起きて(わあ!って叫んで起きた時も) 何度も汗でぐしゃぐしゃのパジャマを脱いで。その度に、1人で、なんて心細いの!って半泣きしながら眠りについてました。










ああ、「懐かしい」って文字は、とてもよく、「壊れる」の文字と似ている。
ちょうど壊れてゆきそうな、懐かしい、あの感触とか髪の毛のゆれる感じとか。

そういうのも、すぐ遠くなるものなんだよね。
怖くないし、淋しくもないよ。ただなんとなく、心の切れ端が置いてきぼりにされたような、忘れ物をしてしまったような、そんな気分になるだけなの。そしてそれは少し、心地良い。












xxx


Masquerade Party



HELLO


この間 Masquerade Party がありました。
す〜〜〜〜ぱ〜〜〜〜楽しかった!かわいこちゃん達がいっぱい!
そして何より世界観とコンセプトが最高すぎる。本当はもっと気合いいれてドレス着ていきたかったんだけど、いつの間にかこの日が来ちゃったもので、マスクも前日に探しまわった上、自分でつくっちゃいました。レースのマスク。マリーアントワネットみたいでしょ♡ 髪の毛もみんなに褒めてもらって嬉しい〜〜けどこれ本当にちょー簡単なんだよ。うなじからねじって髪の毛を巻き込みながらトップまでもっていって、ぐるぐるっとしてピンでとめて、上までいったら全部ぐしゃぐしゃっとしておだんごにして、トップのヘアーをふわっとさせてかぶせただけです。(説明が下手なので擬音が多すぎるけどお許しを)
今度こういうパーティーがある時は下着からちゃんとコルセットつけて、すんごいペチコートはいてふわっふわのドレス着たいな。ドレスはデコルテがめっちゃあいてるやつがいい♡
そういえばグリモワールのパーティーっていつもすごいよね!私行ったことないんだけど、今度パーティーあったら行ってみたいな♪ 






xxx

Jan 24, 2014

invisible



結局、本物というものは、目に見えないものを消化しているのだと思う。
どれだけかわいくても、かっこよくても、例えそれが一般的に「人気」だったとしても、それは、本物ではないの。そしてそれは必ず、忘れられてゆく。

目に見えるものは変わりゆくから、飽きるから、忘れられるの。目に見えないものは変わらない、そして変わってゆく、変わらずに変わることができる、変わりながら変わらずにいることだってできるの。

私は、世の中の99.9%のことは目に見えないと思ってる。物質なんてほんの0.1%だと思ってる。その0.1%に振り回されて多くの人間は生きているのだけど、そんなことにも気づかずに、興味さえ持たずに、生きているんだと思う。ただ、目が覚めてきた人が多くなってるのはつくづく感じているのだけれど。

もともとあるものにインスパイアされて落とし込むのは、それはさっき言ったように、まがい物だと思ってる。だから私は、文字や、何か物質に落とし込むとしたら、目に見えない99.9%のことを0.1%に落とし込みたい。そして、見えるようにしてあげる。
本物を見る目を、養わなければならない時なのよ。


私は日本人で、日本生まれで、1年間の留学期間ををのぞいて今まで日本で生きてきた。どれだけの時間をかけても、私は日本人で、てらだ ともみってことは変わらない。謙虚で、繊細で、和の心もった素敵な日本国に生まれたのだから、私はそれも消化していきたい。

このスタンスはNYから帰国してからずっと強く思ってる。
先日お会いした素敵なランジェリーのデザイナーさんも、同じスタンスでいてて、私はとっても嬉しかった。数時間お茶をしただけだったけれど、数年分のインスパイアをもらった気分だった。キラキラ話す彼女はとてもとても魅力的で、惹き込まれた。間接的に、和の心を、ランジェリーに落とし込むなんて素敵すぎる。私も常にそんなスタンスでいよう。スパイスが違えば、ベースは同じでもきっとそれぞれ素晴らしいものが創り上げられると思うの。本物は1つじゃないから、たくさんある本物が、それぞれの色をして光るのが地球にとってもとても幸せなことなんだと思うの。





xxx